読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こどもが寝たら『アリサデスケド』(仮)

すでに「有る」ことに気づく♡『有沙』の日記

ご機嫌取りにうんざり

こんばんは。今夜もこどもが寝たらアリサデスケド。


題名のとおり、わたしは人の顔色とか機嫌がとにかく気になる。


気になるというか、すぐに不穏な空気を感知できるというか。

グループ内で負のオーラを発していたり、機嫌が悪そうな人がいたらすぐにわかる。家の中でもそう。親の機嫌、旦那の機嫌。


そして、別にほっときゃいいのに、その不機嫌な人をなんとか機嫌よくしてしまいたくなる性分。


なんでって、その空気に耐えられないから。別に自分に原因が無かったとしても、その負の空気にやられてしまう。だから、なんとかご機嫌になってもらわねば困る。


そんな感じでずっとやってきて。


その手腕たるや見事なもの。


別に話しかけたくないのに、不機嫌オーラを出してる人に話しかけたり。悲しそうな人をはげましたり。輪に入れない人に笑顔で話しかけたり。


自分に余裕がある時ならまだしも、四六時中それをやってるから、なんかもううんざりして。


ってか、わたしの機嫌は誰がとってくれんだよコンチクショー。お前ら不機嫌オーラを出してんじゃねーよ!大人のくせに!めんどくせえんだよ!


そんなドロってした心の声。


いやほんま、そろそろ疲れたからやめる。


わたし、これまでチーフとかリーダーとかやること多くて、それこそ大人数を束ねることがよくあって。


その時もこうして、どのメンバーにもしっかり関わろう、みんなが笑顔になるようにってやってきた。


その結果、あなたがいたから続けられたとか、あなたがいたから最後まで頑張れたとか言ってもらったけど、


それ別に言われてそんなに嬉しく無かったわ。


だってヘトヘトだったもん。いつも。


だって、自分そっちのけで周りの人のこと大優先だもん。そら疲れるって。


そこを労ってもらえるわけでもなし。(周りからは好きでやってるようにきっと見えてただろうからね)


家では旦那が少しでも元気になるよう気を配り(これでも)、こどもが産まれてからはなるべく泣かせないよう気を配り(無理に決まってるだろうよ)、実家ではこどもを見てもらうため父と母の顔色を常に観察し…


ぷすん。


やめよう、やめよう、もう誰の機嫌を取るのもやめよう。


てか、そんなことせんでええのに、勝手にやって疲れてるのはわたし。


誰か不機嫌な顔しててもほっとこう。


グループのパイプ役として奔走するのもやめる。


関わりたい人としか関わらない。


これは

わたしの挑戦。


これからは、わたしはわたしの機嫌だけをとる。


てか、生まれて数ヶ月のこどもの機嫌まで取ろうとしててまじで驚愕。どこまで…って感じ。


ほっとこ。


あの人もこの人も、あの子もこの子もほっとこう。


わたしはわたしにだけ集中しよう。


愛想笑いもやめよう。


疲れたもん。




五感カムバック

腹で息子が寝ててすこぶる重たいっす。


f:id:kunelutau:20170418132238j:plain 


生まれて7ヶ月。

無我夢中で育ててるけど、ほんと、育児は好きじゃない。


好きな時に好きなことできひんし。

自分のペースで過ごせないし。


朝から晩まで赤子のペース。


わたしは産後、体調もこころもなかなか回復せず、それに加え完母の頻回授乳(新生児は1日20回ペース、いまも10回ペース)で。とてもじゃないけど、仕事を探して保育園に入れるなんてことはできなくて。


だから仕方がないんだけど、、ほんと預けたい。。


1日ずーっと一緒にいるのが本当に苦痛になって来ている。お互いによろしくない。


これまではずっとOLをしてきたけど、もう戻りたくないし、自分で何か始めたいと悶々としている。


毎日、家事と育児で日が暮れて、夜もバタバタと寝かしつけたらもう1日が終わり。


7ヶ月やってきたけど、そろそろ限界。


外に出たい。

好きに生きたい。


ではなぜこどもを産んだかというと、突如産みたくなったから。


おそらく、我が子がわたしをロックオンしたのだろう。だから、わたしの元で生まれ育つことを彼は望んでいるんだろう。


ならば、自分らしく生きていないわたしではなく、わたし全開の生き方を見せたい。


きっと、それを望んでいるだろうから。


わたしのために自己犠牲しないでって、わたしも母親に思ってたもの。それで不機嫌になられた方がこどもにはクソ迷惑。


じゃあ何するの?


と言われたらまだ答えられないけど。


妊娠から入れたらたかが1年半くらいの期間なのに、この間にすっかり自分の欲求とかを封印してしまってて。


あれ食べちゃダメ

これしちゃダメ


妊娠中も産後もとにかくこんな縛りを必要以上に自分に課していて(わたしめっちゃ真面目なので)。


はて、わたし自身が喜ぶことってなんだったかいな。


まずそっからだわー。

五感を呼び起こしたい。

ほんと。鈍ってる。


一歩。

こんばんは。有沙です。

今日から子供が寝た隙に書き進めるブログ、「アリサデスケド」はじめます。どうぞよろしくお願いします。


わたしは大阪の片隅に住む根っからの関西人専業主婦。現在32歳です。


1つ年上の夫(まこ)と、7ヶ月の息子(ちぇいちぇい)と3人暮らし。


「有沙」は本名です。


子供が生まれ、毎日毎日寝る間も無く育児に追われる中で、このまま好きなこと、やりたいこと、忘れてしまうのだろうかと、とにかく不安な日々を送っています(進行形かよ!)。


でも待てよと。


なんでおかんになったからって、やめなきゃあかんねん!と。


なんでそんな風に思い込んでるんやと。あれ?もしかしたら思い込まされるだけ?え?何に?誰に?


あら、もしかしたら、鍵のかかってない檻の中にいるだけなのに、


「出れない!出れないー!」


とひとり思い込んでるだけ?


一歩踏み出したら出られるのに。


そして改めて考えたこの名前。


有沙。


有沙の有は、有るの有。


わたしがずーっと抱えてきた不足感、不安、焦り、悲しみ。なんかそんな諸々は実は気のせい(!)で、ほんまは欲しいものは既に有る、持ってるんちゃうのーん!?


名前には今世のテーマが隠されてるとかなんとか。


と、ここまで書いて疲れと眠気に襲われたので今夜はここまで!(えええ)。


そう、ブログタイトルは仮なんですけど、腰据えて書ける時間は息子が寝た後のみ。ってことは、1日の終わりでもうクタクタで眠くて眠くて!!


書きたい欲と寝たい欲、その狭間で書いていきます。


大それたテーマはなくて、なんというか、ここへ来たらホッとするような、そんな読み物のサイトにできたらいいなあと漠然と思っています。


なんてことない暮らし話に子育て話から、スピリチュアル(!)まで。


有沙の繰り出すあれやそれや。

ぜひお付き合いください♡


改めて自己紹介記事を書きまーす!書きたいことはもうたんまりあるんよ、、むにゃむにゃ、、